自力レジ、我々は更に慣れましたが、使う人は伸び悩むでしょうね。

近年よく見る百貨店での無人のセルフレジ。絶えずこれを利用しています。タイミングを問わず、大概は空いているからだ。レジで並んでいてもセルフレジのほうが空いていらっしゃる。むしろ年寄りのサイドには僅か苦しいし、面倒なんでしょうね。確かにレジで部下がバーコードを打っているように、スムーズにザクザクできませんね。動作が鈍いし、進みが鈍いだ。そんなぱっぱぱっぱとできませんね。マイ手提げにするか手提げを味わうかの見極めボタンや資金支払いかクレジットかの見極めボタンなど無茶で分かりづらいので敬遠されているのでしょうね。はっきり言ってレジで混雑しているときは便利ですけど、レジが空いていたら部下のユーザーにやってもらったほうが極めて速いだ。それにこういうセルフは防犯的には優れていないので、バーコードを通さないで手提げに押し込めることも叶うので、悪い人はやるんじゃないでしょうか。これが上の空ですね。こういうセルフレジは役立たずだから進んで使おうと想うユーザーは伸び悩むでしょうね。http://nyota.co/musee-vio/

87歳の祖母とボーリングをやりにいきました。

先日、私の息子と祖母の3人でボーリングに行きました。そこのボーリング場は平日は日中3ゲーム1000円(貸靴込み)で、とても安いんです。最初にプレイする人の順番と名前を書いて受付に提出・・「私もやるから♪3番目ね。」と祖母が参加表明です。ちなみにこの方、今年87歳です・・腰は少し曲がっているものの、身体は健康そのもので、お肉が大好きなパワフル婆さんです。そしてこの婆さん10年位前にやった時、ガーターなしレーンを使用ながらスコア100を出している中々の強者です。
いざ貸靴を借りてプレイボール。第1ゲームで息子がスペア出したのでハイタッチ、私は7本〜そして祖母の番です。ボールは一番軽い子供用を指に入れ構えて、いざ投げたらボールは無念にもガーター・・本人は10年位やっていないからもう少しやれば大丈夫との事。そして2投目を構え、振りかぶったその時!なんとボールが抜けてしまい前へ転がすはずのボールが後ろへ向かって転がってきました。そのボールは投げたボールが戻ってくるボールリターンの機械の下に衝突。祖母もビックリしていましたが、左右のレーンを使っていた人達も心配して祖母のもとへ駆け寄って心配していました。
その後、係員や左右のレーンの方たちに謝り、プレイしました。後ろへ転がした祖母ですが・・その後3ゲーム休むことなくやりました!スコアは64でしたが、手首が折れないかか、また後ろへ転がすんじゃないか心配でした。帰って母親にこの事をいったら「母さんももう年なんだから、死んだらどうするのよ!」と怒っていました。当の本人は「私またやるから」と言って寝転んでコーラとマックのポテト食べながらテレビ♪
いやいやお母さんこの人、まだ当分死なないと思いますよ♪いつまでも元気でいてね〜おばあちゃん♪脱毛ラボ 24