断熱変化のことや凝結高度などについて探究

断熱などについて実習しました。形勢会合が下降する時折形勢会合は収斂されますが、こういうときはそばからセールスを受けて、形勢会合の気温は上がります。このような仕込みを断熱仕込みといいます。飽和していない形勢会合が断熱的に上昇して出向くときの形勢会合の降下はたいてい規定で、100mにつき約1℃だ。これをカサカサ断熱減割合といいます。形勢会合の気温が下がるにしたがって挑戦湿度は増し、とある高さで形勢会合は満杯決める。こういうときの高度を凝結高度といいます。もっと形勢会合が伸びを続けると、形勢会合内側の蒸気は凝結して雲をつくります。蒸気が凝結すると潜熱(凝結熱意)が排出され形勢会合は暖められる結果、断熱膨張による気温降下はカサカサ断熱減割合より小さくなり、100mにつき約0.5℃となります。これを湿潤断熱減割合といいます。周囲の気圧が増加していく状況形勢会合は断熱的に収斂され、気温は高くなります。そのため満杯形勢会合は不満杯になり、気温はカサカサ断熱減割合にしたがって上昇します。本当に勉強になりました。ミュゼ 予約