安倍首相とメルケル首相、トランプ大統領握手拒否は対照的?

日本は、このところ森友問題ばかり取り上げられたのでありますが、もうちょっと他の話はないんかねって思っていたら、証人喚問で赤旗などが記事の修正か削除かわからないんだけど赤旗をはじめマスコミ、そして野党もどうやら自分達の不利らしいと悟り始めてちょっとおとなしくなりつつあるようだ。
まあ、安倍さんが外遊(この外遊ってのを某氏が使わない方がいいと言っていたが)でドイツをはじめフランス等に訪問していることから久しぶりに森友関係は少なかったように思える。
こういうようなニュースの方が大事なんだけど、結局この外遊にどういう意義があるのかはあまり深く報道はしていなかったように思える。
多分、その前にトランプ大統領がメルケル首相と会ったときに握手しなかったというある意味衝撃的な出来事に引っ張られて、安倍さんとはというどうでもいい話が中心だったように思う。もっともトランプ大統領が握手をかたくなに拒んだのは、大嫌いなマスコミに握手しろよ的な事に反発したためためもあるかもしれない。
ちょっと、いろいろ検索してたらこういう記事もひっかかってきました。結局握手したという話もあるからね…キレイモ 月額料金