リンゴだって 愛されたい

邦人の桜マニアは有名。
その時節になると媒体に「桜前線」の題材は外せない。
かりにどんな不幸が起きようと、凶悪な事例が起きようと、媒体の滑り出しか完了は「サクラ」が登場する。

私も桜はオススメスポット。
桜が咲き始めるとわくわくそわそわ、通勤行程も「桜目安」に変更される。

でもね、
「リンゴの花」って見た所ある?
実はリンゴの花は、桜に負けず劣らず可愛らしいのです。

リンゴの花が咲くのは桜のちょっぴりのち。
桜の蕾は「少しピンク」が多いけれど、リンゴの蕾は「ない赤」って感じの色合い。
そしていっせいに解く花びらは、純白。

桜を「清楚」と叫ぶなら、
リンゴは「可憐」と叫ぶのがぴっちり。

針路を歩いていて「あ、リンゴの花が開いたな」と気づく悪臭も可憐な感じで、香水で売り出して得るなら、ぜひ買いたい。
仮に「リンゴの町樹」なんてのを巷に作ったら絶対にウケるとおもうんだけどなぁ。

「ふじ」とか「紅玉」なんてブランドものだと制約が大変から「姫リンゴの並木」なんてのをね。
秋には「ちっちゃな赤い実」が至るプラスアルファ付きです。

お金 借りる 口コミ